Top
推薦のお言葉 | サウジ.jp
fade
3464
page,page-id-3464,page-template,page-template-full-width,page-template-full-width-php,eltd-core-1.0,flow-ver-1.3.4,,eltd-smooth-page-transitions,ajax,eltd-grid-1300,eltd-blog-installed,page-template-blog-standard,eltd-header-vertical,eltd-sticky-header-on-scroll-up,eltd-default-mobile-header,eltd-sticky-up-mobile-header,eltd-dropdown-default,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12.1,vc_responsive

推薦のお言葉

日本・サウジアラビア関係の関係者から大変光栄なことに推薦のお言葉を頂きました。

日本貿易振興機構(JETRO)顧問  林 康夫

日本とサウジアラビアの経済交流 

(サウジアラビア紹介サイト立ち上げへの期待) 

 2007年4月、サウジアラビアを訪問した安倍首相(第一次安倍内閣)とサウジアラビアのアブドゥッラー国王との間で共同声明が発せられ、「戦略的・重層的パートナーシップ」の構築の合意が行われた。直前にJETRO理事長に就任した私が日本側の責任者(coordinator)に選任された。サウジアラビアとの関係で経験のある人がいなかったのと、私の同国との長い関係が責任者に指名された理由らしい。

 首脳同士の合意は両国の「双方向性」を謳っているのだが、サウジ側の期待は日本企業の投資を引き込んで就業の機会拡大と経済発展の進展である。ただサウジ側にはサウジアラビア人雇用の拡大のための規制(サウダイゼーション、業種によるが雇用者の30%以上はサウジアラビア人にしなければならない等)があり、事は簡単ではない。しかしながら、このマーケットをよく調べてみると、投資に関してはサウジ政府の一方ならぬ支援もあり、また、この国で生産をすると湾岸諸国や北アフリカのアラビア語圏にかなりスムーズな輸出も期待できる。紙おむつを現地生産しているユニ・チャームはいい例だ。

 私のCoordinator 就任後、最首さんの主宰するイスラム経済研究会の皆さんも「勝手連」と称してさまざまな支援や情報提供をしてくれた。また郡司みさおさんをはじめとする女性の皆さんも、初めて女性ミッションを組んでサウジアラビア訪問をしたりした。

 さらに、ジャナドリヤ祭で日本がゲスト国になり、日本文化・日本製品の大々的な紹介を行ったところ、サウジアラビアの人々、とりわけ若人から高い評価を受けた。この時期にはかってサウジアラビアと日本の間に経験をしたことのない両国の親密な交流が実現したのである。日本からサウジアラビアへの投資も、いすゞ自動車のトラックのノックダウン生産、丸紅メタル・ジェイパワーシステムズの海底ケーブル製造や、その他いくつかの企業のプロジェクトも進展した。 

 2016年9月、サウジアラビアのムハンマド副皇太子が日本を訪問した際、第二次安倍内閣の下で新たな日・サウジ経済協力の枠組み(日・サウジ・ビジョン2030共同グループ)ができた。前の合意から10年がたっているので、新しい発想で取り組むことは結構なことだ。とりわけ原油価格低迷の影響がサウジアラビアに大きくのしかかっており、石油に依存しない経済構造の構築は待ったなしの状況になっているだけに、今回の協力は一層の重要性を持っていると言えるだろう。

 ただ、民間企業が動かなければ協力は進まない。この意味でも日・サウジの産業協力のためには、民間企業の長期的視野からのイノベーティブな発想が求められているのだが、サウジアラビアは日本企業にとっては依然として遠い、わからない国との印象が免れない。こういった中で日本に留学し、日本企業でも経験を積んだムターズ君が両国の架け橋となるべく、日本企業のサウジアラビア進出を支援し、的確なサウジアラビアの情報を日本企業に伝えるための仲介機能を果たす企業を立ち上げたとのことである。日本の企業特に中小企業に対し、正確でかつサウジアラビアのいい点も悪い点も、そして成功例も失敗例も率直に正しく伝えることにより、日本企業のサウジアラビアに対する関心は一段と高まるに違いない。 

 かつて、日・サウジ産業協力の責任者を務めた私としては、ムタズ君の会社が新たな日・サ関係を築くために大いに役立つものと期待している。    

Print Friendly