Top
サウジ豆知識 農業と水 4/4 水資源 | サウジ.jp
fade
4020
single,single-post,postid-4020,single-format-standard,eltd-core-1.0,flow-ver-1.3.4,,eltd-smooth-page-transitions,ajax,eltd-grid-1300,eltd-blog-installed,page-template-blog-standard,eltd-header-vertical,eltd-sticky-header-on-scroll-up,eltd-default-mobile-header,eltd-sticky-up-mobile-header,eltd-dropdown-default,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12.1,vc_responsive
船

サウジ豆知識 農業と水 4/4 水資源

サウジアラビアは恒久的な河川や湖水をもたず、非常に降水量の少ない砂漠国である。水は希少でこの上なく貴重であり、同国の急速な成長を背景に水の需要は増大している。

したがって、王国はその発展を後押しするために十分な水の供給に向けた革新的な方法に目を向けてきた。水関連の事項は全て水電力省の管轄下にある。

サウジアラビアにおける主な水の供給源は帯水層である。帯水層とは、広大な地下貯水池を指す。1970年代に政府は、こうした帯水層の位置を特定・地図化し、その容量を推定する大規模な取り組みに着手した。結果として、都市用水および農業用水として最も有用と考えられる地域に数万の深型掘抜井戸を掘削することに成功した。

もうひとつの主要な水源は海であり、汽水である海水から飲料水を生成する淡水化プロセスを通じて利用される。サウジアラビアは世界最大の淡水生産国である。

サウジアラビア海水淡水化公社(SWCC)は27箇所の淡水化ステーションを運営し、1日当たり300万平方メートル以上の飲料水を生産している。こうしたプラントからは、都市で使用される水の70%以上、また産業用水の相当部分が供給される。更に主要な発電用水源としても利用されている。

頻繁に発生する短期間の洪水後に地表水を捉えるためにダムが利用される。200以上のダムが毎年およそ 4.5億平方メートルの雨水を貯水池に集める。これらのダムのうち最も大規模なものはワディ・ジーザーン、ワディ・ファティマ、ワディ・ビシャやナジュラーン等に位置する。こうした水は主に農業用水として利用され、数千マイルの灌漑用水路や用水路を通じてかつて休閑地であった広大で肥沃な土地へと配水されている。

水源としての再生水の利用が拡大している。王国は、都市地域の家庭用水の40%をリサイクルする目標を掲げている。この目標を達成するため、リサイクルプラントがリヤド、ジェッダその他の主要都市部の工業地帯に建設されている。再生水は、農場や都市部の公園の灌漑に利用されている。

出典 サウジアラビア大使館(米国)

Print Friendly
sauji.jp 運営スタッフ
sauji.jp 運営スタッフ

特定な執筆者ではなく、あらゆる出典から集めて翻訳した記事や、連携先からもらって翻訳した記事を運営スタッフとして表示している。